「クラウドサイン for Box」を利用すると、契約書の作成・交渉から締結・保管までシームレスな連携を実現します。

クラウドサイン for Boxにより可能になること

契約書作成
「Box」内に保管されている締結前の契約ドラフトを相手先に送信し、「Box」上で修正履歴付きで契約交渉および契約締結をすることが可能になります。

契約締結
作成した契約書を「Box」上で右クリックし、「クラウドサインで送信」を選択すると、別途クラウドサインにアクセスすることなく「Box」上で送信が完了します。相手方には通常のクラウドサインの確認依頼メールが届くので、最短数分で契約の締結ができます。

保管・管理
締結した契約書は自動で「Box」に取り込まれます。従来の紙の契約書のデータと、クラウドサインで締結した契約書のデータを一元管理が可能になります。「Box」上で詳細なフォルダ管理や権限設定、高度な検索が可能です。

クラウドサイン for Boxをインストールする

操作のデモや導入のご相談、詳細については随時ご相談を承っております。
以下よりお問い合わせください。

回答が見つかりましたか?