クラウドサインでは、アップロードしたPDFファイルに対して「フリーテキスト」「押印」に加えて「チェックボックス」を設定、入力することが出来ます。

書類の送信の際、「入力項目の設定」で書類に対してドラッグ&ドロップでチェックボックスを設置します。
項目を送信者や受信者に対して任意で割り当てることができます。

利用の手順

  1. 書類の送信の際、「入力項目の設定」で書類に対してドラッグ&ドロップでチェックボックスを設置します。
  2. 設置が完了すると入力担当を割り当てるポップアップが立ち上がります。入力の担当を送信者や受信者に割り当て、受信者に割り当てた場合は初期値でチェックを入れるかどうか、およびチェック入力の 任意/必須を選択します。

便利な使い方

  • クラウドサインで申込書や発注書を締結する際、プランやオプションをチェックボックスで簡単に選択できるようにする
  • 「上記全ての規約を読み、内容を理解しました。」などの文言にチェックを必須とし、相手方が確実に読んだことを確認する
回答が見つかりましたか?