クラウドサインでは、アップロードしたPDFファイルに対して「フリーテキスト」や「押印」を入力することが出来ます。

書類の送信の際、「入力項目の設定」で書類に対してドラッグ&ドロップで入力項目を設置します。設置が完了すると入力担当を割り当てるポップアップが立ち上がり、項目を送信者や受信者に対して任意で割り当てることができます。

※利用のコツ

「フリーテキスト」や「押印」を設定しなくとも書類に同意することで契約締結が完了します。
そのため「フリーテキスト」や「押印」を設定せず、項目をすべて埋めていただいた状態で、送信することも可能です。

回答が見つかりましたか?