クラウドサインでは、書類を受信した方が他の契約締結権限者に転送することが可能です。
例えば、現場の担当者宛にクラウドサインで契約書を送付し、受信した担当者が社内の決裁権限者に転送、適切な権限者が同意することで、法的な有効性を担保することができます。

機能の概要と法的なメリット

契約の有効性を担保するためには、会社から適切に権限を委任された方が書類の内容に同意する必要があります。そのため従来は、あらかじめ権限のある担当者の宛先を確認の上、送信時に全ての受信者を設定してから送信する必要がありました。本機能を利用することにより、受信者側で締結権限者に転送できるようになり、適切な決裁者に締結を促すことが可能になります。

受信した担当者が、受信した確認依頼メール自体を転送することでも決裁者による同意操作が可能ですが、これでは転送の履歴や実際に同意の操作を行った当事者がクラウドサイン上にも電子署名内の情報にも残りません。
クラウドサインの転送機能を利用することで、これらの情報を残すことが可能となり、締結した書類の証拠力を強く保持したまま決裁者による合意締結を実現します。

利用方法

書類の送信時に、受信者に転送を許可するかどうかを選択することが可能です。デフォルトでは転送を許可する設定となっているため、許可したくない場合は「許可しない」を選択していただきますようお願いいたします。

受信者側の操作

【パソコンの場合】
受信した確認依頼メールから書類を開き、画面右上の「この書類を転送する」をクリックします。

必要に応じて転送理由を入力して「転送する」をクリックし、転送を完了させます。

【スマートフォンの場合】
左下のバーをクリックします。


「書類を転送する」をクリックします。


転送先の宛先を入力し、「OK」をクリックします。

回答が見つかりましたか?