クラウドサインでの書類を英語のインターフェースで送信し、英語でコミュニケーションを行う海外企業や外国人の方々との契約締結が可能です。

操作方法

クラウドサインで書類を送信する際、「④宛先の設定」において「英語」を選択します。

イメージ画像

上記で「英語」を選択すると、受信者には「英語」のメールが送信されます。

書類確認画面も「英語」で表示されます。
全ての操作を英語で行えるので、日本語を読めない外国企業との契約締結が行えます。

回答が見つかりましたか?