ユーザー定義の書類情報入力機能を利用している場合、既存の項目名を変更することによって以下のような影響がございますのでご注意ください。

既存の項目名を変更する場合、その項目に対して入力された情報は削除されずに残ります。したがって、検索結果で変更前後の情報が混在する可能性がございます。

例)
変更の事例
変更前の段階で、項目1を「日付」として設定し、各メンバーが「日付」の情報を入力している。
その後、管理者が項目1を「担当者名」に変更。すると、各メンバーが今度は同じ項目に対して「担当者名」の情報を入力していく。

検索時の影響
項目1に紐付く情報には「日付」と「担当者名」の情報が混在する。
その結果「担当者名(項目1)」で検索をかけた際に日付のデータが混ざり込んでしまう、という事態が発生する。


上記の通り、項目名を変更しても、書類情報は変更されませんので、検索結果にずれが生じます。項目名を設定、変更する際はご注意ください。

回答が見つかりましたか?