タイムスタンプとは認定された事業者により発行される電子的な時刻証明です。
クラウドサインでは時刻認証業務認定事業者(TSA)のセイコータイムスタンプサービス(セイコーソリューションズ株式会社)を採用しております。

これにより電子署名の有効期限を10年間に延長しております。

なお、タイムスタンプは、以下の役割を果たしています。

  • タイムスタンプの確定時刻に電子データが存在する
  • タイムスタンプの確定時刻以降に電子データが改ざんされていない

こちらのサイトにも認定タイムスタンプを利用する事業所としてクラウドサインが記載されています。


電子署名についてはこちらをご覧ください。

回答が見つかりましたか?