クラウドサインで契約締結する場合、従業員が締結業務をするときでも、代表取締役自らが契約締結するときでも、どちらの方法でも対応しています。

詳細

法人の契約締結権限を持っているのは、「代表取締役など代表権を保持する人」(以下「代表取締役」)または「代表取締役から代理権を付与された代理人」です。

当サービスにおいては、① 代表取締役自身または印章規程により包括的代理権限を与えられた者(一般的には法務や事業責任者などに与えられております)が送受信作業を行う方法、② 代表取締役自身または印章規程により包括的代理権限を与えられた者を当サービスの承認フローに含めて送受信作業を行う方法、または③従業員が社内での承認を別途経た上で、代理人として契約書締結を行う方法などにより、有効な権限に基づき契約締結を行うことができます。

関連記事

適切な権限者が締結を行うにはどのようにすればよいでしょうか

回答が見つかりましたか?