書類の確認依頼メールを開いたとき、「閲覧権限ありません」と表示されることがあります。
表示される画面によって対処方法が異なります。
 

画面の種類

  1. 「閲覧権限がありません」のみ表示されている場合
  2. 「ページの有効期限が切れている可能性があります」 と表示されている場合

 

原因と解決方法

1.「 閲覧権限がありません」のみ表示されている場合

■原因

以下のうち、いずれかの可能性があります。

  1. 受信者が、送付したメールアドレスと別のメールアドレスでクラウドサインのアカウントを持っている
  2. 受信者がメールを転送して別のアドレスでご覧になろうとしている 

■解決方法

以下のうち、いずれかの方法で解決できます。

  1. 一度クラウドサインをログアウトする
  2. シークレットウィンドウでURLに接続する

 
  

2.「ページの有効期限が切れている可能性があります」と表示されている場合

■原因

以下のうち、いずれかの可能性があります。

  1. URLの有効期限が切れている
  2. リマインドメールが送信されており、最初の確認依頼メールのURLをクリックしている

確認依頼メールのURLの有効期限は10日間となっております。
また、リマインドメールが送信された場合、元の確認依頼メールのURLは有効期間内であっても無効となります。
 

■解決方法

以下の順番でお試しください。

  1. クラウドサインのタイトルに【再送】とついてるメールがないか確認する
  2. (ある場合)そのメールのURLをクリックする
  3. (ない場合)送信者にリマインドを依頼する
回答が見つかりましたか?