Wordを用いた契約書作成の交渉過程をバージョン管理するサービス「Hubble」とクラウドサインとのシームレスな連携が可能です。

この連携を用いることで、Hubbleで作成したWordの契約書をワンクリックでPDFファイルに変換、クラウドサイン上にアップロードし、送信することが可能になります。

  1. 事前準備

  2. 連携方法

  3. 操作方法

  4. 導入について


事前準備

本連携を利用するためには、以下の準備が必要です。

  1. Web APIの利用を申込む
    (お申込みは下記の「Web API利用申込み」の文字をクリックしてください)

┏━━━━━━━━━┓
Web API利用申込み
┗━━━━━━━━━┛

 2. Hubbleに申込む

注意事項

  • Web APIの利用には対象プランのお申し込みが必要です。
    対象プラン:スタンダードプラン・コーポレートプラン・ビジネスプラン・エンタープライズプラン


連携方法

1.管理画面から「クライアントID」に移動して「新しいクライアントIDを発行する」をクリックしてクラウドサインIDを発行します。
発行したクラウドサインIDはコピーしておきます。


2.次にHubbleにて連携の設定を行います。ダッシュボード右上の名前から「アカウント」をクリックします。

3.左のサイドバーの「サービス連携」をクリックしてコピーしておいたクライアントIDを入力して「更新」をします。

これにてHubbleへの連携は完了です。



操作方法

1.Hubbleにてクラウドサインで送信したい書類を開き、右上の[︙]から「このバージョンをクラウドサインにアップロード」をクリックします。

2.内容を確認して、問題がなければ右上の「クラウドサイン」をクリックします。


3.クラウドサインへ移動して「下書き」より当該書類を選び「編集をする」をクリックして通常のクラウドサインの送信手順と同様に設定を行なって送信してください。


導入について

導入のご相談、詳細については随時ご相談を承っております。以下よりお問い合わせください。


回答が見つかりましたか?