クラウドサインでは、基本のメールアドレス認証に加え、本人しか知らないアクセスコード設定が可能です。
 

メールアドレス認証

受信者のメールアドレス宛てに、ランダムに生成されたユニークのURLを生成するため、当該ユニークのURLをクリックできるのは受信者本人のみとなります。
 

アクセスコードによる認証

契約書の同意するために必要なアクセスコード(パスワード)を送信者が設定でき、受信者に別途連絡することで確実に受信者のみ閲覧・同意できない設定が可能となります。

※受信者がクラウドサイン(有料プラン)をご利用中の場合、受信者のチームに属する「書類管理者」はアクセスコードを入力せずに閲覧・管理可能です。

  

関連記事

回答が見つかりましたか?