ビジネスプランでは、SSO(シングルサインオン)機能 を使ったログインをご利用いただけます。

以下の方法でAzure ADでSAMLを設定できます。

  1. エンタープライズアプリケーションをクリック
  2. 新しいアプリケーションをクリック
  3. アプリケーションの追加を行う
  4. シングル サインオンをクリックし、SAMLを選択
  5. SAML によるシングル サインオンのセットアップを行う
  6. SAML 署名証明書からメタデータファイルをダウンロード

 
   

1.エンタープライズアプリケーションをクリック

Active Directory のページから、エンタープライズアプリケーションをクリックします。

 

 

2.新しいアプリケーションをクリック

 

3.アプリケーションの追加を行う

ギャラリー以外のアプリケーションをクリックします。

 

名前には「クラウドサイン」とわかるような名前を入力してください。

 

ページ下部に行き、「追加」をクリックします。

  

   

4.シングル サインオンをクリックし、SAMLを選択

5.SAML によるシングル サインオンのセットアップを行う

クラウドサインの「SSO設定画面」のサービスプロバイダ情報を参考にしながら入力してください。

 

基本的な SAML 構成の編集ボタンをクリックします。

  • 識別子(エンティティ ID)は「SSO設定画面」のAudienceを入力します。
  • 応答 URL (Assertion Consumer Service URL)は「SSO設定画面」のACS URLを入力します。

 

 

入力が完了したら上部にある保存をクリックします。

6.SAML 署名証明書からメタデータファイルをダウンロード

SAML 署名証明書のフェデレーション メタデータ XMLのダウンロードをクリックして、メタデータファイルをダウンロードします。

 

7.以上でAzure AD SAMLの設定は完了です。

上記が完了したら、こちらの「2.クラウドサイン側のSSO設定を行う」を参考に、クラウドサインの「SSO設定画面」より設定を続けてください。

 

 

関連記事

 

回答が見つかりましたか?