クラウドサインでは書類の同意または却下・取消しの際に、メールでその旨をお知らせしております。
スタンダードプラン、コーポレートプラン、ビジネスプラン、エンタープライズプランをご利用の場合には、書類の同意または却下・取消し時に指定された URL にアクセスする Web Hook という機能がご利用いただけます。

  1. 設定方法

  2. 実行時の挙動


設定方法

  1. クラウドサインにログインし、 チーム にアクセスして下さい。

  2. 下部にHook URL の入力欄がありますので、こちらにアクセスしてほしい URL を記して下さい。


実行時の挙動

書類の同意または却下・取消しすると、指定された URL に対して以下のIPアドレスからPOST を行います。

本番環境の場合

52.68.17.229/32 または 52.198.144.82/32 または 3.112.114.42

sandbox環境の場合(2021/4/15 12:00以降)

52.197.119.179/32

その際、値はそれぞれ以下のようになります。

  • Content-Type: application/json

  • User-Agent: CloudSignWebHook

  • Body: {JSON}

Body の JSON の内容は以下のようになります。なお、見やすくするように改行を入れていますが、実際には1行で、プロパティ名と値の間には空白は入りません。


{
"documentID": "0591aeea-e2d4-417b-97f9-3b1a3751bc19",
"status": 2,
"userID": "b05e96a3-0406-4b43-af4b-80d2a37e5b73",
"email": "user@example.com",
"text": "COMPLETED : 業務委託契約 sent by Jane Doe\n<https://www.cloudisign.jp/document/0591aeea-e2d4-417b-97f9-3b1a3751bc19/summary>"
}

  • documentID: documentID は書類を一意に示す ID です。書類の詳細を取得するには書類取得 API GET /documents/{documentID} をご利用ください。

  • status: status は書類の状態を示します。 クラウドサイン Web API ドキュメント 内の documentModel についての仕様で記していますが、同意の場合には 2 、却下・取り消しの場合には 3 となります。

  • userID: userID はユーザーを一意に示すクラウドサイン内で用いている ID で、ここでは書類の送信者の ID が記されます。

  • email: email は書類の送信者のメールアドレスを記します。

  • text: text には以下の内容を含むテキストが記されます。
    締結された場合には COMPLETED 、却下・取り消しの場合には CANCELED から始まる状態
    書類のタイトル
    送信者の名前
    クラウドサイン上の書類確認用 URL



検索ワード

webhook

回答が見つかりましたか?