「クラウドサイン AI」では、AIによって契約書情報を自動で解析・入力し、手間なく契約書を管理することができます。なお、「書類インポート機能」をお申込みいただいている場合、インポートした書類も解析・入力することが可能です。

利用シーン

  • 契約書の「契約期限」を漏れなく入力したい
  • 手間なく契約書のデータを蓄積して、好きな時に参照したい

 

  • 利用開始方法
  • 機能紹介
    ■1.書類情報の自動入力
    ■2.解析書類の通知
  • ご利用料金
    1.料金プラン
    ■2.課金対象件数のカウント方法
  • 解約方法

  • クラウドサインAIのご利用をご希望の場合、以下フォームよりお申し込みをお願いいたします。
  • 「お問い合わせ内容」の項目にご希望のプランをご記入ください。

  

  

■1.書類情報の自動入力

合意締結、またはインポートされた書類のPDFファイルをAIが読み取り、書類情報を自動的に入力します。

このAIによる解析・入力が完了した後、専門の入力オペレーターにて入力補助を実施しています。

【解析対象となる書類】

  • 契約書・合意書・覚書が解析対象となります。
  • 一部解析対象外となる書類がございます。

※クラウドサインご利用開始時のサービス体験デモ書類は解析・請求の対象外です。

【自動入力される書類情報】

  • 対象となる書類情報は、以下の7項目でございます。

    契約締結日 / 契約開始日 / 契約終了日 / 自動更新の有無 /
    解約通知期限 / 取引金額 / 契約相手の名称
  • 書類情報に入力すべき情報が複数ある場合、原則、カンマで区切り複数記載する形となります。
  • 書類情報は、手動入力の場合と同様に任意で変更が可能です。
  • AIで契約終了日が入力された場合は、アラートは自動で設定されません。
  • 解析完了時、すでに書類情報が入力されていた場合、上書きはされません。
  • 入力結果の精度を100%保証するものではございません。解析完了後、入力内容が誤っている場合は、手動にて変更をお願いいたします。

【解析から反映のタイミング】

  • 自社送信の合意締結時、または書類インポート時に解析が開始されます。
  • 書類情報の解析開始から反映に数営業日〜1週間前後いただいております。解析する書類の件数などにより前後する可能性があるためご了承くださいませ。

■2.解析書類の通知

解析が完了した際に「書類管理者」宛てにメールで通知されます。
 

【通知メールの詳細】

  • 送付対象:「書類管理者」
  • 送付日時:解析完了の翌日の午前9:00頃
  • メール記載内容:1. 前日の解析件数 2. 解析された書類のタイトル
     
    1. 前日の解析件数
     前日分のみ表示されます。合算ではありません。
     
    2. 解析された書類のタイトル
     書類タイトルと書類詳細ページへのリンクが表示されます。
     解析完了日時の早い順に5件までを記載いたします。 

【注意点】

  • 書類の解析進捗などは、クラウドサイン上からは確認できません。
    書類管理者が受け取る通知メールでのみ、確認可能です。
  • 前日の解析件数が0件の場合は、通知メールは送付されません。

 

■1.料金プラン

ご希望の解析対象の書類によって、2種類のプランをご用意しております。両方のプランをご希望の場合、それぞれ費用が発生いたします。

 

1. 電子契約した書類を解析する

  • クラウドサインで送受信した書類の解析をします。

2. インポートしたPDF書類を解析する

※月額固定費20,000円には、30件までの解析枚数を含みます。

※30件以降は超過1件あたり700円の費用が発生します。

※解析対象外書類は課金対象にはなりません。

 

■2.課金対象件数のカウント方法

  • 「電子契約した書類」「インポートしたPDF書類」両方をご契約いただいている場合、件数の合算はできず、それぞれでカウントされます。
  • 30件超過分の費用カウントについて、件数の合算はできません。
  • 解析が開始した書類は、課金対象となります。削除したインポート書類が既に解析中であった場合は、課金対象としてカウントされます。

■解約について

クラウドサインAI機能の解約をご希望の場合は、クラウドサイン右下のチャットよりご連絡ください。

 
 

関連記事

回答が見つかりましたか?