一度合意締結した契約を訂正することはできせん。
その場合は、訂正した書類を再度締結していただくか訂正の覚書を締結していただく必要がございます。

こういったことを未然に防ぐために、入力項目を全て記入した書類をPDFにてアップロードしていただくことも可能ですのでお試しください。フリーテキスト欄、押印欄など入力項目も設定しなくとも「書類に同意する」ボタンを押すことで契約は有効です。

また契約書という書類の性質上、一方当時者が破棄してしまうことのリスクを鑑みて、締結済み書類の「削除(破棄)」の機能は提供しておりません。

今後「ゴミ箱」機能の開発を検討しておりますのでご理解賜れますと幸いでござます。

 

検索ワード

取消・取り消し・却下

回答が見つかりましたか?