受信者の本人確認性をより一層強固にするために送信時にアクセスコード(パスワード)を設定することが可能です。設定したアクセスコードは別途SMS、メッセンジャーツール、電話などで受信者様にお伝えください。

また、アクセスコードは通常の個別送信と 一括送信 両方でお使いいただけます。

(※アクセスコードは英数記号(ASCII文字列)で64文字まで設定可能です。)
 

  1. 操作方法(通常の送信の場合

  2. 操作方法(一括送信の場合)

  3. アクセスコードを忘れた場合


 

操作方法(通常の送信の場合)

1.書類作成時に送付順の画面で「宛先を追加」を行います。

2.宛先追加画面で任意のアクセスコードを設定していただけます。

   


      

操作方法(一括送信の場合)

1.使用する一括送信テンプレートのCSVテンプレートをダウンロードします。(一括送信機能についてはこちらをご覧ください。)

2.CSVファイルの「受信者_◯_アクセスコード【任意】」の箇所に任意のアクセスコードを設定していただけます(全角文字を設定することはできません)。


  

アクセスコードを忘れた場合

アクセスコードを忘れた場合は「先方確認中」より該当の書類を選択していただき

🔑 鍵マークをクリックしていただくと表示されます。

  

関連記事

回答が見つかりましたか?