文字コードとは、コンピュータで文字を表現するために定められたルールです。

クラウドサインでは2つの文字コードに対応しています。

  

UTF-8(BOMあり、BOMなし)

UTF-8 は機種依存文字・外国語にも対応している多言語用の文字コードで、 MacOS などで一般的に使われています。
Excel で編集する場合は(BOMあり)、それ以外の場合は(BOMなし)を選択いただくことで文字化けすることなくご利用いただけます。

   

Shift_JIS

日本語の文字コードとして Windows で一般的に使われている文字コードです。
Excel で編集できますが、機種依存文字・外国語など Shift_JIS が対応していない文字を利用すると文字化けが起こります。

回答が見つかりましたか?