クラウドサインとSalesforceを連携すると、以下が実現可能です。

  1. 1.Salesforce上で管理している顧客情報から帳票を作成してクラウドサインで送信・締結をしたい
  2. 帳票作成は別で行った上で、Salesforceの顧客に対してクラウドサインで契約締結・管理をしたい
  3. 対面での契約・申し込みを行い、入力された顧客情報をSalesforceで管理したい

希望をされる場合は、以下それぞれのプランにお申し込みいただくと実現が可能です。
   

1.Salesforce上で管理している顧客情報から帳票を作成してクラウドサインで送信・締結をしたい

Salesforceに登録した情報を元に、帳票作成、申込書送信、締結した申込書の管理を実現できる 「クラウドサイン Sales Automation」がおすすめです。

顧客からの問い合わせフォーム、顧客管理システム(CRM)、取引先審査、申込書や契約書を作成・締結システム、これら全てのシステムを自動連携し、営業プロセス全体の自動化が可能です。ワンクリックで帳票作成〜申込書締結ができ、申込書回収までのリードタイムが短縮できます。他、ワークフローや掲示板、カレンダーといったグループウェア機能をSalesforce上で利用可能なプランもご用意しています。

     

2.帳票作成は別で行った上で、Salesforceの顧客に対してクラウドサインで契約締結・管理をしたい

自社で帳票作成機能をすでに持っている、もしくは都度交渉が必要な契約書を送りたいという場合には「クラウドサイン Salesforce版」がおすすめです。

Salesforceに保存された顧客情報に紐付けて書類のアップロードから送信までシームレスに行えます。相手方には通常のクラウドサインの確認依頼メールが届くので、最短数分で契約の締結ができます。また、送信した書類のステータス確認やデータの保存も全てSalesforce上で完結することが可能です。


    

3.対面での契約・申し込みを行い、入力された顧客情報をSalesforceで管理したい

対面契約や来店カード記入のシーンには、「クラウドサイン NOW」がおすすめです。

クラウドサインNOWはiPadアプリを使い帳票作成~契約締結をその場で行う対面契約ソリューションになっています。iPad上で入力した情報がSalesforceに保管されます。 

おすすめの利用シーン:

  • 店舗での来店カード記入や申込書
  • 対面営業の申込書
回答が見つかりましたか?