宛先を複数設定することで、三者間契約(三社間契約)が可能です。
また、宛先に取引先の担当者だけでなく、自社の上長や取引先担当者の上長など、複数名を追加し、合意締結のワークフローをクラウドサイン上で完結させることもできます。

通常の宛先追加はこちらをご確認ください。
 

操作方法

追加方法は2つあります。
なお、入力を行なった後から順序を入れ替えることも可能です。

  1. 「宛先を追加」をクリックし、1名ずつ追加する
  2. 連絡先を利用して一気に追加する

 

1名ずつ追加する場合

  1. 「02.送付順の設定」でこちらを参考に、宛先を設定します。
  2. 全員分の設定を繰り返し、設定は完了です。

一気に追加する場合

  1. 「宛先をまとめて追加」をクリックします。
  2. 「連絡先」の中から、追加したい人全員を、送りたい順番にクリックします。
  3. 「OK」をクリックすると、クリックした順番に宛先が設定されます。
  4. 以上で設定は完了です。
     

宛先の追加例

例1.送信前に自社の上長の承認を得る

現場担当者がクラウドサインで書類を送信する際、「自社の上長の承認を経てから先方に送る」などが可能になります。

[送信者]:書類を送信
       ↓
[受信者1]:フリーテキスト欄や押印欄に入力の上で同意
       ↓
[受信者2]:フリーテキスト欄や押印欄に入力の上で同意
       ↓
        合意締結完了

 

例2.先方が同意後、内容に不備がないか確認する

宛先に書類の「送信者のメールアドレス」を含むことも可能です。これにより、以下のような承認フローをクラウドサイン上で完結させられます。
 

[送信者]:書類を送信
       ↓
[受信者]:フリーテキスト欄や押印欄に入力の上で同意
       ↓
[送信者]:入力内容に不備が無いか確認の上で同意
       ↓
        合意締結完了
 
 

注意点

  • 確認依頼メールは順番に送信されます。設定した宛先に一斉に送信されるわけではありません。
  • 同一のメールアドレスは、宛先に1回のみ設定できます。送信者メールアドレスに限り、送信者+宛先の計2回設定が可能です。

  

検索ワード

3社間契約

回答が見つかりましたか?