ビジネスプランでは、SSO(シングルサインオン)機能 を使ったログインをご利用いただけます。

以下の方法でAuth0でSAMLを設定できます。

  
 

  1. Applicationsをクリック
  2. CREATE APPLICATIONをクリック
  3. Addonsの中のSAML2 WEB APPをクリック
  4. Addon:SAML2 WEB APPでサービスプロバイダ情報を入力
  5. Settingsの中からメタデータファイルをダウンロード

 

1.Applicationsの中のApplicationsをクリック

Auth0にログイン後、Applicationsをクリックします。

 

2.CREATE APPLICATIONをクリック

  • Nameには「CloudSign」のようなクラウドサインとわかる名前を指定してください。
  • Choose an application typeはRegular Web Applicationを指定します。

 
3.Addonsの中のSAML2 WEB APPをクリック

 
4.Addon:SAML2 Webアプリでサービスプロバイダ情報を入力

Addon:SAML2 Web Appで、クラウドサインの「SSO設定画面」のサービスプロバイダ情報を参考にしながら入力します。
 

4-1.Application Callback URLは「SSO設定画面」のACS URLを入力してください。

設定は以下のような文字列を入力します。

{
"audience": "{SSO管理画面のAudienceを入力してください}"
}

4-2. 入力が完了したら下部にある「Save」をクリックします。
 

 

5.Settingsの中からメタデータファイルをダウンロード

5-1.Settingsをクリックします。

5-2. ページ下部にあるShow Advanced Settingsをクリックします。

5-3.Endpointsをクリックし、SAMLの項目のSAML Metadata URLをコピー、そのURLにアクセスし、メタデータをダウンロードします。

6.以上でAuth0 SAMLの設定は完了です。

上記が完了したら、こちらの「2.クラウドサイン側のSSO設定を行う」を参考に、クラウドサインの「SSO設定画面」より設定を続けてください。

  

 

関連記事

回答が見つかりましたか?