※2019年3月までにスタンダードプランにお申込みいただいた方は引き続きお使いいただけます。

アカウントを所有していない従業員が勝手に無料アカウントを作成して契約書の締結を行わないように登録制限をかけることができます。
これにより、企業における内部統制が保たれ、コンプライアンスが強化される機能となっております。

フリープランの登録を行う場合

アカウント登録制限で登録した企業ドメインでフリープラン登録を行おうとするとエラーが表示されます。

なお、ドメインはお申込み時に指定していただいたドメインでアカウント登録の制限がかけられております。

高度な認証リクエストが設定された書類を受け取った場合

アカウントを所持しておらず、アカウント登録制限がかけられているドメインのメールアドレスを宛先に指定されている場合は以下のエラーが表示されます。

高度な認証リクエスト機能についての詳細はこちら

エラーの解消方法

貴社がスタンダードプラン以上を契約しているかご確認ください。
契約をされている場合は、貴社の「チーム管理者」にメンバー追加手続きを依頼してください。

契約を確認できない場合、クラウドサイン画面右下のチャットよりお問い合わせください。


関連記事

回答が見つかりましたか?