SAMLなどの規格に対応したIDプロバイダ(IdP)を通じて、 SSO(シングルサインオン)を利用してクラウドサインにログインした場合の認証方法を指します。

クラウドサインのビジネスプランでは、SAML2.0の認証を用いたSSO(シングルサインオン)を設定することができます。

これにより、IDプロバイダ (IdP)でメールアドレスとパスワードを一括管理し、セキュリティ強化を実現できます。

SSO(シングルサインオン)機能の詳細は下記ページをご確認ください。

関連記事

回答が見つかりましたか?