ビジネスプランでは、SSO(シングルサインオン)機能 を使ったログインをご利用いただけます。

以下ではIdPの一例としてOneLoginでOIDCを設定する方法を記載します。


操作方法

1.Applicationsの中のApplicationsをクリック

Administrationの画面より、Applicationsの中のApplicationsをクリックします。

 

2.Add App をクリック

3.OpenId Connect (OIDC)を検索

OpenId Connect (OIDC)を選択します。

4.アプリケーションの名前を変更(必要な方のみ)

必要な方は「Display Name」の名前を変更し、保存します(管理用の名前に変更するなど)。

名前の変更が不要の方はそのまま保存してください。

5.Application detailsの入力

「Login Url」「Redirect URI's」にそれぞれ以下のように入力します。

5.サービスプロバイダ情報を入力する

「Enable OpenID Connect」に記載されている以下の情報を控えます

  • 発行者(issuer)

  • クライアントID(client_id)

  • クライアントシークレット(client_secret)

  • 認可エンドポイント(authorization_endpoint)

  • トークンエンドポイント(token_endpoint)

  • ユーザー情報エンドポイント(userinfo_endpoint)

  • 公開鍵URL(jwks_uri)

※各エンドポイントは「Well-known Configuration」をクリックするとJSON形式で表示されます。

6. Token Endpointの設定

「Authentication Method」を「Basic」から「POST」に変更します。

7. クラウドサイン側のSSO設定

クラウドサインの 「SSO設定画面」に、控えた各情報を入力します(編集中の途中保存などはできませんのでご注意ください)。

8. 以上でOneLogin OpenId Connect (OIDC)の設定は完了です。

上記が完了したら、こちらの「4. SSOの有効化」以降を参考に、クラウドサインの「SSO設定画面」より設定を続けてください。

回答が見つかりましたか?