クラウドサインにログインする際に、従来のパスワードに加えてスマートフォンアプリで発行されたワンタイムパスワードを用いた2要素認証をご利用いただけます。
 

  1. 2要素認証でできること

  2. 操作方法(事前準備)

  3. フリープランの場合

  4. 有料プランの場合


2要素認証でできること

本機能を利用することで、万が一パスワードが第三者に悪用されたとしても不正使用を防ぐことができ、セキュリティが大幅に向上します。 

注意事項

  • 機種変更や紛失などの場合は、2要素認証が利用できなくなります。

  • 2要素認証に登録後、管理画面よりバックアップコードの保存を推奨いたします。

  • ビジネスプラン以上で SSO(シングルサインオン)機能 をご利用中の場合、2要素認証はご利用いただけません。

  • 2要素認証をご利用中の場合、電子署名ならびに合意締結証明書に「合意締結当事者の認証方法」として「2要素認証」と記載されます。


操作方法(事前準備)

クラウドサインの2要素認証では、以下のスマートフォンアプリを用います。
設定前にダウンロードをお願いします。


フリープランの場合

1.管理画面内の「セキュリティ」に移動します。

2. 「2要素認証設定」の設定をクリックし、ログインパスワードを入力して設定を開始します。

3.認証アプリによる2要素認証の設定を行います。
事前準備でダウンロードしたアプリを起動し、「バーコードをスキャン」を選択してください。PC表示されたQRコードを読み込むと、スマートフォンに6桁の認証コードが表示されます。入力欄に認証コードを入力し、「設定」をクリックします。

4.認証アプリの設定が完了したら、メールで通知が届きます。「2要素認証が有効になりました」という件名のメールが届いていたら設定は完了です。

設定後、ログインする時はアプリに表示される認証コードを入力してください。

5.バックアップコードを取得する場合、管理画面のセキュリティから「2要素認証設定」の「バックアップコードを取得」をクリックしてください。

6.パスワード入力のポップアップが開くので、パスワードを入力後、ダウンロードをクリックします。

バックアップコードが記載されたファイルが自動でダウンロードされます。

以上でバックアップコードの取得が完了です。

機種変更や紛失などに備えてバックアップコードの保存を推奨いたします。


有料プランの場合

2つの設定方法

  1. 管理者が設定を任意にしている場合

  2. 管理者が設定を必須にしている場合

以下に当てはまる場合は、必須の場合を確認してください。

  • 2要素認証を必須にした通知メールが来ている

  • ログイン時に「認証アプリによる2要素認証の設定」画面が出現する


 

2要素認証の利用を開始するー任意の場合

1.管理画面内の「セキュリティ」に移動します。

2. 「2要素認証設定」の設定をクリックし、ログインパスワードを入力して設定を開始します。

3.認証アプリによる2要素認証の設定を行います。

事前準備でダウンロードしたアプリを起動し、「バーコードをスキャン」を選択してください。PC表示されたQRコードを読み込むと、スマートフォンに6桁の認証コードが表示されます。入力欄に認証コードを入力し、「設定」をクリックします。

4.認証アプリの設定が完了したら、メールで通知が届きます。

5.「2要素認証が有効になりました」という件名のメールが届いていたら設定は完了です。(※機種変更や紛失などに備えてバックアップコードの保存を推奨いたします。)
設定後、ログインする時は、アプリに表示される認証コードを入力してください。

 


2要素認証の利用を開始するー必須の場合

1.認証アプリによる2要素認証の設定を行います。

事前準備でダウンロードしたアプリを起動し、「バーコードをスキャン」を選択してください。PC表示されたQRコードを読み込むと、スマートフォンに6桁の認証コードが表示されます。入力欄に認証コードを入力し、「設定」をクリックします。

2.認証アプリの設定が完了したら、メールで通知が届きます。

3.「2要素認証が有効になりました」という件名のメールが届いていたら設定は完了です。
設定後、ログインする時は、アプリに表示される認証コードを入力してください。

機種変更や紛失などに備えてバックアップコードの保存を推奨いたします。


回答が見つかりましたか?