電子署名とは、電子ファイルの作成者(当サービスの場合、運営会社の弁護士ドットコム株式会社)を特定し、電子ファイルが改ざんされていないことを証明するための暗号処理の仕組みのことです。対象の書類に対して「誰が」「何を」契約したかを技術的に証明します。

クラウドサインでは、極めて信頼性の高いAdobe Approved Trust List(AATL)を採用しております。

 

なお、当サービスで付与される電子署名には、以下の情報が記載されています。
電子署名の情報は、Adobe Acrobat Reader(無料)でPDFファイルを開くことによって閲覧が可能です。確認方法はこちらをご確認ください。

 
 

  • 送信者および受信者が合意した日時
  • 送信者および受信者のメールアドレス
  • 締結後、書面内容に改ざんがなされていないこと(非改ざん証明)

 

■1.タイムスタンプ付与

有料プランをご利用の場合、無料プランで付与している電子署名に加えて、長期署名(タイムスタンプ付き署名、及び文書タイムスタンプ及び検証情報) を付与しております。

  

なお、当サービスでは日本の国税庁が電子帳簿保存法で指定する認定タイムスタンプを採用しています。タイムスタンプの詳細はこちらをご確認ください。

 

■2.電子署名の有効期限

電子署名の有効期間は以下となっております。

  • 無料プランは1年間
  • 有料プランは10年間

※2018年3月以前にスタンダードプランで「長期署名なし」を選択した場合は1年間

 

関連記事

回答が見つかりましたか?