過去に締結した紙の契約書をクラウドサインにインポートすることにより、「インポート書類」として書類検索や更新期限のアラート管理などもクラウドサインで締結した書類同様、一元的にクラウドサイン上で行なうことが可能です。
 

インポート書類の管理機能

インポート書類では以下の機能をご利用いただけます。
一部は今後提供予定の機能となります。
書類管理権限を持つ管理者のみがご利用可能です。

 

ご利用方法

クラウドサインSCAN」にお申込いただくことでご利用可能です。

契約書のスキャンからクラウドサインの書類情報を含めてデータ化を行いインポート作業までを一貫して代行いたします。
 

 
 

お申込から導入までの流れ

  1. まずは資料請求よりお問い合わせください。ヒアリングの後にお見積りをいたします。
  2.  お申し込み後、インポートしたい契約書をダンボールなどにつめて発送してください。
  3.  スキャン作業・書類情報の作成・OCR作業を行い、お客さまのご指定の方法で納品します。
  4.  検収いただいたあとクラウドサインへのインポート作業を行います
  5.  契約書の原本を返却いたします。また倉庫に預けることも可能です(※ 別途費用がかかります)

 
  

料金について

インポート書類のご利用には、スキャン代行費用保管費用(月額)がそれぞれかかります。

スキャン代行サービスの料金

※最低発注部数 400部
※クラウドサインでの書類保管費用:1,000部あたり10,000円(スキャンした書類のみが対象。電子契約の書類には保管費用はかかりません)

インポート書類保管費用の料金

書類件数毎の月額費用:1,000件ごと 10,000円/月

 1〜1,000件        :10,000円/月
 1,001件〜2,000件:20,000円/月
 2,001件〜3,000件:30,000円/月
 3,001件〜4,000件:40,000円/月
 
以下同様

表記の価格は税抜です。
クラウドサインで締結した書類の件数はカウント対象外です。

 
 

 
 

サインのリ・デザイン 関連記事


回答が見つかりましたか?